3月2016

世界緑内障週間

2016年03月06日

こんにちは。三重県四日市市の大川眼科 大川親宏です。

 

3月6日~12日は「世界緑内障週間」という記事を目にしました。
緑内障というのは、簡単に言うと
「視神経が徐々に傷害されて、視野が失われていく病気」です。
我が国では平成12年~13年に岐阜県多治見市で大規模疫学調査が行われ、
40才以上の20人に1人、70才以上では10人に1人が
緑内障にかかっていることがわかっています。
現在、我が国では後天的に失明する原因の第1位が緑内障です。

 

緑内障という病気が厄介な理由は2つあります。
1つ目は、ある程度進行しないと自覚症状が現れないこと。
2つ目は、現時点では、傷害された視神経を良くする治療がないこと。
つまり、見え方に困るぐらい緑内障が進行した状態で見つかっても、
見え方を改善する手段がないということです。

 

じゃあ、緑内障の治療とは何をするんでしょう?
緑内障の治療とは、病状の進行を食い止める治療なのです。
したがって、自覚症状が現れない程度の早期に発見し、治療を開始することが大事です。

 

緑内障が早期に見つかるパターンは主に2通りです。
1つ目は、人間ドックで要精査となり、眼科受診で診断がつくパターン。
2つ目は、たまたま他の病気で眼科にかかり、見つかるパターン。
なので、ある程度年齢を重ねたら、健診を受けることは大事ですね。

花粉症の季節になりました

2016年03月03日

こんにちは。三重県四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

気が付けば3月に入り、ここ1週間ぐらい前から花粉症の患者さんが増えてきました。
花粉情報協会のスギ・ヒノキ花粉飛散予想によると、
三重県の今年の花粉飛散量はここ10年の平均量よりは少ないものの、
昨年に比べて3-4割増となるようです。
実際には天候や気温に左右されますのでこの通りになるとは限らないのですが、
花粉症をお持ちの方にはつらい年となりそうです。

 

基本的な対策としては、花粉を避けることに尽きます。
・外出時には花粉を防ぐメガネやマスクなどで花粉との接触を避けること。
・帰宅時には、玄関で衣服に付着した花粉を払い落として家の中に持ち込まないこと。
・家の中では、極力窓を開けない、布団を外に干さないなどの注意をすること。

 

頻回交換コンタクトレンズ(2週間や1か月で交換するタイプ)をお使いの方は、
レンズに付着した花粉が完全に洗浄除去できてないと、症状が強く出る原因になります。
花粉症の時期のみ、ワンデータイプ(1回使い捨てタイプ)に変更することで、
常に新しい清潔なコンタクトを着けることになるので、花粉症の症状が抑えられます。

 

かゆくてこすってしまうと、目が腫れたり、ばい菌が付いたり、
傷が付いたりすることもあります。
目のかゆみを抑えるための目薬を処方させていただくこともできますので、
かゆみが強い場合には眼科を受診して下さい。

PageTop

  • 大川コンタクト
  • 大川コンタクト
  • 大川コンタクト
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 開業40周年記念感謝イベント

近鉄四日市駅西口より徒歩5分
四日市市九の城町1-9

四日市市の大川眼科

近鉄四日市駅西口より徒歩5分
四日市市九の城町1-9
059-351-6445
診療時間:8:00〜12:00, 14:00〜17:00
休診日:土曜午後、金曜・日曜・祝日

ホーム初めての方へ院内ツアー医師紹介当院の取組当院で可能な検査診療費の目安アクセス診療時間のご案内往診のご案内よくある質問求人案内対外活動お問合せリンクGoogle