その他

2017年新年のご挨拶

2017年01月12日

こんにちは。三重県四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

 

昨年は診療時間・休診日の変更、自動予約システムの導入など
当院にとっては大きな変化のある1年でした。
何とか乗り切れたのは、来院いただいた患者様、お世話になっている業者様、
そして、いつも笑顔で働いてくれるスタッフのおかげと感謝しております。

 

今年は年明けから院内処方を開始いたしました。
理由は最寄りの薬局が昨年末で閉局したためです。
昨年秋からスタッフ一同いろいろと準備を重ねてまいりましたが、
実際の業務は院長を含めて初めての経験なので、
しばらくはご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。
逐次改善していくよう努力していきますので、ご理解いただければ幸いです。

 

院外処方をご希望の患者様には、従来通り院外処方箋をお渡しします。

 

今年も患者様にとってよりよい医院であり続けられるよう頑張っていきますので
よろしくお願いいたします。

開院41周年を迎えました

2016年07月07日

こんにちは。三重県四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

今日は7月7日、七夕ですね。
当院は今日で開院41周年を迎えることが出来ました。
私自身は当院に着任したのが平成19年7月1日ですから
丸9年経ったことになります。

 

今年は年明けから診療時間・休診日を変更いたしました。
スタッフも大幅に入れ替わりましたので不慣れな面もあるかと思いますが、
ご意見、お叱りなどあれば何なりとおっしゃっていただければ幸いです。
院長、スタッフ一同、医院を新しく作って行く気持ちで頑張って参ります。

 

これまで医院を続けて来られましたのは、来院して下さる患者様、地域の皆様、
歴代のスタッフ、関わる業者様など、たくさんの方々のおかげと感謝しております。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

tanabata01-003

2016年 新年のごあいさつ

2016年01月14日

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

 

平成28年は年明けから診療時間・休診日が大幅に変更になりました。
また、自動予約システムも導入し、
ネットや電話から24時間予約をお取りいただくことができるようになりました。

 

新しいスタッフも2名加わり、新たな気持ちで診療をしてまいります。
今年も患者様にとってよりよい医院であり続けられるよう頑張っていきますので
よろしくお願いいたします。

 

383

 

我が家の玄関に飾られているしめ縄です。

四日市では珍しいかもしれませんが、伊勢方面では一般的なもので

「蘇民将来子孫家門」と書かれています。

 

昔、スサノオノミコトが旅の途中に日が暮れてしまい困っていると、

近くに立派な屋敷を見つけました。

そこで宿を求めたところ、屋敷の主人、

巨旦将来(こたんしょうらい)には断られてしまいました。

仕方なくしばらく進むと、粗末なあばら家がありました。

そこで宿を求めたところ、家の主人、

蘇民将来(そみんしょうらい)は快く宿を提供し、心からもてなしました。

その夜、疫病が村を襲いましたが、

スサノオノミコトに対処法を教わった蘇民将来の家のみが助かりました。

その後、蘇民将来の家は子孫代々繁栄したということです。

 

こんな民話を元に、伊勢方面では魔除けの意味で写真のようなしめ縄を

地域によっては1年中玄関に飾っておく風習があります。

皆さまにとって今年1年が穏やかで良い年でありますように。

白内障手術終了にあたって

2015年08月24日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。
お盆休みも過ぎ、少し暑さもやわらいだように感じますが、
みなさま体調を崩されたりしていませんでしょうか?

 

当院では平成19年7月より8年間にわたり
日帰り白内障手術を行って参りましたが
このたび受け入れを終了することとなりました。
今後、手術が必要な患者様は提携施設へ紹介させて
いただくことになります。
(「ものもらい」などの小手術については当面は行う予定です)

 

紹介先としては提携施設であるMIE眼科四日市
お勧めさせていただいております。
同院は私の大学勤務時の先輩である大澤医師を始めとする
3人の医師がそれぞれの専門分野で高い技術を持っていますので
安心してお任せできると考えています。
もちろん、紹介すれば後は当院では関知しないという訳ではなく
状態が落ち着けば(ご希望があれば手術後早期からでも)
経過は当院で見せていただきます。

 

入院での治療がご希望、必要な方に関しては、
市内であれば市立四日市病院、羽津医療センター
専門的な治療が必要な場合には三重大学病院
に紹介させていただきます。

 

上記以外でもご希望の紹介先があれば承りますので
遠慮なく医師におっしゃってください。

 

患者様にはご不便をおかけして申し訳ありませんが、
ご理解お願いいたします。

エアコンの不調

2015年08月06日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

当院の建物は40年前に建てられたものなので、
今の環境に合わなくなったり、不具合が出たりしたところを
いろいろ改修して今日に至ります。

 

ここ数年では、
玄関で靴を脱ぐのをやめて土足や車いすでそのまま入れるようにしたり、
エレベーターを設置したり、検査スペースを広げたりしました。

 

また、数年前に耐震診断を受けたところ、
現在の基準よりも緩い時代の建築にもかかわらず、
特に耐震補強の必要はないという結果が出て、
頑丈に作ってもらってあることに驚きました。

 

しかし、年数が経つといろいろなところにガタがくるのも事実です。
昨日、一昨日とエアコンが突然動かなくなるという事態が起こりました。
いろいろな専門の方に調べていただき、
エアコンの器械の部品の劣化が原因であることがわかり、
今日は夕方まで快調に動いています。
昨日はそのような事情のため、
夕方の診療を30分早く切り上げることになり、
来ていただいた患者様には大変ご迷惑をおかけしました。

 

病気を治すための病院で、暑さのために体調を崩しては本末転倒です。
今後は設備の定期点検を強化し、異常を早めに発見・改善するように努めます。

開院40周年を迎えました

2015年07月07日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

当院は平成27年7月7日で開院40周年を迎えることができました。

これも通院していただいた皆様、地域の皆様、関係業者の皆様のおかげと感謝しております。

 

当院は昭和50年7月7日に亡き父 大川親正が当地に開院いたしました。

当時は入院設備を持ち、白内障、緑内障、斜視などさまざまな手術を行っていました。

父は還暦を機に白内障などの入院手術をやめましたが、

その後はまぶたなどの小手術のみ続けていました。

 

私は平成10年に眼科医となり、三重大などの県内数か所の総合病院で経験を積んだ後、

平成19年7月に当院に帰って参りました。

それを機に手術室を改装し、日帰りによる白内障手術を再開しました。

検査機器も新しいものをいろいろ導入しました。

その後、エレベーターの設置、外来の改装などを重ねて今日に至ります。

 

これからもよりよい医療と心地よい環境を提供し、

50年、60年と診療を続けていけますように

院長はじめスタッフ一同尽力していきます。

 

 

 

 

 

 

別の医院にかかる時の注意点

2015年06月30日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

「他の医院にかかっていたけど、なかなか治らないので来ました」
という患者さんがたまにいらっしゃいます。
この国では患者さんが自由に受診する医院を選べるので、
そのことについては何とも思いませんが、
知っておいてほしいことがあります。

 

医師が患者を診断するということは、クイズを解くようなものだと思います。
クイズを解くためにはヒントがたくさんあった方が正解しやすいです。
症状、経過、検査結果などのいろいろな手がかりをヒントにして
診断をつけていくことになります。

 

他の医院にかかっていたということは
すでに何らかの治療がされていることが多く、
「○○という点眼してもよくならない」という情報は
大きなヒントになります。
その医院の先生がどういう病気を想定して処方したかが想像できますし、

その薬が効かないということは別の系統の薬を使ってみようと考えることができます。

 

ただ、「何の薬もらってたかわからない」という方も多いです。
それまでの情報がないということは、
結局ノーヒントのゼロの状態から診断をやり直すことになります。

 

前の医院で出された薬の説明書きやお薬手帳を持参していただけると
診断の助けになり、結果として早く適切な治療ができることになります。

 

techo

視能訓練士

2015年04月01日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

視能訓練士とは、眼科で行われる検査、訓練を行う国家資格です。
大学や専門学校では眼科一般の勉強や検査のトレーニングを行い、
国家試験に合格することで視能訓練士になることができます。

 

当院には今まで2人の視能訓練士が働いてくれていましたが、
今日から新たに1人新卒の仲間が加わりました。
しかも院長を除いて初の男性スタッフとなります。

 

患者様の前に出るからには新人であることは言い訳にはなりませんが
しばらくは不慣れな点もあるかもしれません。
しっかり指導していきますので、温かい眼で見ていただければ幸いです。

今年初めての手術

2015年01月13日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

連休明けの今日は、今年初めての白内障手術を行いました。

2人のみでしたが、無事終了してほっとしています。

今年もまた1人1人丁寧に手術を行っていきたいと思います。

 

今の時期は比較的予約が空いていますので、

早めの手術をご希望の方はお問い合わせ下さい。

あけましておめでとうございます

2015年01月05日

こんにちは。四日市市の大川眼科 院長 大川親宏です。

 

みなさま、あけましておめでとうございます。
当院は本日より通常通り診察をしております。

 

今年は7月7日の開院記念日で40周年の節目となります。
よりよい医院を作るために昨年以上に努力いたしますので
よろしくお願いいたします。

 

kadomatu2-2

PageTop

  • 大川コンタクト
  • 大川コンタクト
  • 大川コンタクト
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 開業40周年記念感謝イベント

近鉄四日市駅西口より徒歩5分
四日市市九の城町1-9

四日市市の大川眼科

近鉄四日市駅西口より徒歩5分
四日市市九の城町1-9
059-351-6445
診療時間:8:00〜12:00, 14:00〜17:00
休診日:土曜午後、金曜・日曜・祝日

ホーム初めての方へ院内ツアー医師紹介当院の取組当院で可能な検査診療費の目安アクセス診療時間のご案内往診のご案内よくある質問求人案内対外活動お問合せリンクGoogle